<< 恩師の絵 | main | 遅ればせながら、クロステラス、行ってまいりました。 >>

盛岡経済研究会

 岩手銀行さんとは、お付き合いがなかったのですが、ある現場を契機にお付き合いをしていただくことになりました。 敷居が高い感じがして、なかなか接する機会もなかったのですが、いろいろな経緯があり、せっかくですから、口座を創りましょうということで、ほんの少しだけ融資をしていただきました。 お金を借りるということは、すごく怖いことだという認識がありますが、いろいろなことを学ばせていただいたり、情報を幅広く頂いたりということも大事なのだと教えていただきました。

 その岩手銀行さんで、開催しています「盛岡経済研究会」に初めて出席してまいりました。



 今回の講師の方とは、実は、たまたま、東京で、佐藤重昭先輩が会食する際に誘っていただき、赤坂で御一緒させていただいたことがありました。 中央の視点から、率直に私たちの地方の話を、客観的にお聞きできるというのはとても刺激があり、また勉強になります(辻本郷税理士法人の本郷理事長のお話からもいつも感じます。)

 今回のお話も、とてもわかりやすく参考になる刺激的なお話でした。「収益という観点からみると、盛岡には目がいかない。 投資効率で物を見るようになったので、昔は、盛岡の場合、隣の土地がいくらで売れたかでこの土地の値段が決まった。いまは、東京のA地点と盛岡で収益効率がどのくらいという比較がされる。だから、地方都市、盛岡の地価はこれからも、基本的に下がり続ける。」 納得です。 この盛岡の資産価値を上げるということは、町の活性化とイコールだ。だから、自分たちの資産のことわ考えながらも、半分はボランティアスピリッツでこの町を愛するという志でまちを創っていくということが必要だ!! それをできるのは30代40代のやつらにしかできない!   (今手元に資料がありませんので頭の中に残っていますイメージで書いてます。こういうことをおっしゃっていたと思います冷や汗) とくに最後のくだりは強く心にひっかかりました。
 やっぱり、私たちの愛する、大切な、このまち盛岡を子供たち、孫たちに素晴らしい財産として残していくのは私たちの絶対の使命です。
 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
内舘 茂
 株式会社 理創生活 内舘 茂

私は今、人生48年の中で一番幸せで充実しています。 お世話になっているみなさまから『ありがとう』と声をかけていただいた瞬間、自分達がもしかしたらお役に立てたのかもしれないと感じ、生まれてきて良かった!と心から思います。 その実感は最高・最大の宝物です。 『心からありがとうございます』と思うことも、毎日たくさんたくさんあります。

そしてまた、10人の素敵な個性豊かな仲間たちと出会えて、一緒に仕事をすることができて、とてもうれしく、幸せに思います。 2015年も1つでも多くの“感謝”と“幸福”に出会えるよう、みなさまにとっても素敵な一年になりますように、一所懸命やっていきます。
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM