<< T様の現場 〜今日とってもうれしかったこと〜 | main | ベトナムからの留学生 〜日本の失ってしまったかもしれないおもい〜 >>

愛を読む人 〜いまも、まだ心に残っている、せつなく苦しい思い〜

 今日は、午前中、息子の 柔道の大会を応援に行って、午後から、会社に行こうと思っていたのですが(書類の山で机が取っても汚くなっていました・・・。) 妻と知花ちゃん(1歳)とで、インテリアショップを回っているところで、かなり時間がたってしまい、会社に行くのも中途半端なので、久しぶりに、妻と映画でも見ようということになりました。 時間的に言って、、、、 「ルーキーズ」(これはパスです) 「トランスフォーマー」(これも気分じゃないし)  で、パスしようかとも思ったのですが。 全然予備知識なしで、「愛を読む人」 を鑑賞しました。

 一言では、言い表せない、せつなく、心が締め付けられる映画でした。書いている今も、思い出すと、胸がぎゅっと苦しくなります。
 ケイト・ウインスレッドが、 せつなく、悲しく、美しい。 無知であること、それはしょうがないじゃないか! しかし、無知であることが、罪になってしまうこともある。 その場面、場面が、 辛く、苦しい。 
 妻と1時間くらい話しました。  そうか、女性の気持ち(映画の中での)はこういうことか・・・。   ずっと考えてしまいました。
 
 ネタばれしないように書くのは、とっても難しいのですが・・。
 ぜひ、みた方とお話してみたいです。

 大好きな映画というのは、少し違いますが、 せつなく、心に残る映画で、私的に 最近の ベスト何位かに入る映画でした。

 まだ、思い出すだけで、胸が苦しい・・・。
コメント
小川君、コメントありがとうねえ。

男一人でも大丈夫ですよー。行ってみてね。

また遊びに来てくださいませ。
  • 内舘茂
  • 2009/06/23 8:19 AM
こんにちは内舘社長。こないだはお話聞いて戴いてありがとうございました。

面白そうな映画ですね。いってみようかな?
だけど、オトコ一人で行ってもサマになりませんな(^O^;)

それではまた
  • O川FISAWO
  • 2009/06/22 1:10 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
内舘 茂
 株式会社 理創生活 内舘 茂

私は今、人生48年の中で一番幸せで充実しています。 お世話になっているみなさまから『ありがとう』と声をかけていただいた瞬間、自分達がもしかしたらお役に立てたのかもしれないと感じ、生まれてきて良かった!と心から思います。 その実感は最高・最大の宝物です。 『心からありがとうございます』と思うことも、毎日たくさんたくさんあります。

そしてまた、10人の素敵な個性豊かな仲間たちと出会えて、一緒に仕事をすることができて、とてもうれしく、幸せに思います。 2015年も1つでも多くの“感謝”と“幸福”に出会えるよう、みなさまにとっても素敵な一年になりますように、一所懸命やっていきます。
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM